第8回 大阪マラソン2018前日受付とマラソンEXPO

4年振り?に抽選に受かった大阪マラソン2018の前日受付にインテックス大阪へ。

第8回大阪マラソン
みんなでかける虹。第8回大阪マラソンオフィシャルサイトです。

ここは交通の便が悪く、電車より車の方が速いので車で向かうことに。

ATC近辺にはコインパーキングも沢山あるし、車でも問題ないだろうと目論んだら、同じことを考えている人が沢山いて、それも本部側が想定していた模様。

インテックスのすぐ近くに臨時駐車場が設営されていた。一日800円だと。受付したらすぐ帰るつもりなので割高感があるけど、駐車場を探したり歩く時間を考えると勿体ないので入ることに。商売上手である。

スポンサーリンク

大阪マラソンは8回目、受付はスムーズ

大阪マラソンも8回目らしい。

受付も慣れたらしく、大勢の割には捌くのが早く、待ち時間は10分くらい。

ただ、受付がタイム順のスタートブロック別ではなく、申し込んだチャリティカラー別。テーマ別のチャリティ、どこの色が多いんだろうかと思いながらペアランナーは別の窓口。

なんと、ペアランナー受付が一番混んでいた…

二次元バーコード受付がスムーズ

受付ではスマホで二次元バーコードを示すか、事前にプリントアウトした受付票を渡すタイプ。

初めての体験だけど、郵送費用も掛からないし、持ってくるの忘れる心配もないし、受付でもバーコードを機械で読むので早い

この仕組み、良いな〜。

国内の大会に広がってくれないかな。この前、ハガキが届かなかった大会もあったので、そういうのがなくなら。

ちょっと面倒なリストバンド

そして、受付でリストバンドを付けられる。

テロと代理出場防止対策なんだとか。前日受付では本人確認するけど、そのゼッケンを他人に渡しても当日バレないので、その対策か。

以前、あるマラソン大会で体調不良で運ばれた選手が、じつは代理出場だったとバレたことがあった気がする。

オークションで出場権を売ったりするのも気に食わないし、何より大会中に何かあったときの問題が大きいので、代理出場はやるべきではない。

が、このリストバンド、手に付けていると気になる。明日のレースが終わるまで付けてる必要があるとのことで、ちょっと手首が気になる…これ、金曜日に前々日受付すると2日以上付けっぱなしになるのか。

面倒なので、なにか別の対策はないものだろうか。

EXPOにはミズノとか店が色々

今回のメインスポンサーはミズノ。インテックス近くに本社もあるし、大阪の会社だし、受付を抜けたEXPOコーナーにデデンとお店が。

大阪マラソン限定Tシャツもあったけど、欲しいデザインのサイズが売り切れだったので見送り。

ウェーブ エンペラー JAPANも履いてみたかったけどサイズ切れ。

うーむ、やはり受付初日の朝に来ないと、この手の人気商品は売り切れてしまうのか。

EXPO出展者には、靴下とサプリ系が多かった気がする。今回はアールエルの五本指靴下を2足購入したけど、後からタビオとフットマックスも出ていた。珍しい。

あとはアミノ酸系だけじゃなく、攣り対策としてのサプリもいくつか。

今回の戦利品は、アールエルの靴下(ウルトラマラソン用の砂田モデル)、アメリカンエキスプレスコーナーでのバナナケース、小林製薬のこむら返り防止用のコムレケア試供品。

フルマラソンで足が完全に痙攣したことはないのだけど、明日はポーチに入れて何かあれば飲んでみようと思う。

いや、ちゃんとギリギリまで追い込んでレースで走れよ、と言われると返す言葉もない。

参加賞は赤いTシャツとウエストポーチ

大阪マラソン自体の参加賞は赤いTシャツ。

あとペアエントリー向けのウエストポーチ。

なかなかド派手なTシャツなので、街中の練習で来ていると目立ちそうです。夜ランには良い感じかも。

ウエストポーチはランニング用よりも飛行機に乗る時なんかに使うと良さそう。大容量入るものの布地なのでやや重く、ドリンクホルダーも付いてないので、練習時の使い勝手は悪そう。

さて、明日は晴天で気温も上がりそう。

気温が上がる前にゴールしたいところだけど、左膝も完治してないのでスピード上げられないかな〜、と悩むところ。

 

コメント